閑文字手帖

馬手に盃 弓手に肴

788 ワイド・コンヴァータ

 過日、所用があつて中野に出掛けた。所用と云つても大したことではないから、詳しくは触れない。

 そつちを片附けた後、Fカメラ店を冷かす積りで入つた。さうしたら我がGRデジタルⅡ用のワイド・コンヴァータが置いてあつた。それはいい。實はこつそり探してゐた(中々見つからなかつた)から、嬉しくなつた。それもいい。ただ値段を見て驚いた。

 

 二千円しない。

 

 本体に取り附ける為のアダプタがセットになつた価格である。間違つた値附けではないか。さう思つたが、十年以上前のカメラのアクセサリである。わたしのやうに探してゐる人間の方が少からうから、捌ければいいと判断した値段かも知れない。

 (いやそれにしたつて)

廉に過ぎる。立派な光學製品であるコンヴァータの値段ではない。散々迷つて、店員に

 「これは本当にこの値段でいいのか」

と確めてみた。迷はず訊けばいいぢやあないかと笑はれさうだが、どうもわたしは気が弱い。訊ねたら買はざるを得ないところに追ひつめられさうな不安を感じる。たかが二千円で不安も何もあつたものかと(またも)笑はれさうだ。併し値附け間違ひで一万円ですと云はれる可能性はある。値札をちらりと見た店員は、こちらの内心の不安には丸で無頓着に

 「ええ勿論この値段でお頒けします」

何を訊くんだこの客はと云ひたげな口調に思へたのは、こちらの僻目としておかう。それに冒頭でも触れた通り、探してゐたアクセサリでもある。お財布を出すのに躊躇はない。

 

 緩衝材にくるんでもらひ、持つて帰つてから改めると、アダプタ経由で使ふフードと、コンヴァータ専用のフードまで一緒だつた。ぜんたい幾らで仕入れたんだらうか。

 コンヴァータ単体のリア・キャップは無く、フロント・キャップはジャンクからの流用と思しく嵌合が緩いが、大した問題ではない。コンヴァータはアダプタに附けておけば、一種の交換レンズ扱ひ出來る。フロント・キャップは、がらくた函を漁つたら何か出るかも知れず、見当らなくても支障を來すわけでないから、神経質にならずともいい。

 

 GRデジタルⅡに附けてみた。

 率直なところ、恰好はよくない。ことにフードが、遮光さへ出來れば文句は無からう、と云ひたげなゴム製なのは感心しない。實用性に問題はありますまいと云はれたら、手に持つ機械に取りつけるのだから、見た目も實用性に含まれるのですと反論しておく。

 まあ今さら何を云ふのかと、そんな話ではある。

 ではあるが、現行のGRⅢのアクセサリ図を見ると、アダプタもコンヴァータもフードも、この系統を汲んでゐたから、苦笑ひがこぼれた。要するにリコーは

 「使ふ頻度は低からうから、これくらゐで十分でせう」

と考へてゐるらしい。GRデジタルからGRⅢまでの系譜を辿ると、本体でほぼ完結してゐるのは間違ひない。GRにGR道があるとしたら、第一條にGRはケイスとストラップで完成すると記されるだらう。だとすれば、コンヴァータを使ふのは、邪道が大袈裟なら変格となるわけだが。

 

 ま。本格は眞面目なGRユーザに任せておけば、いいか。