閑文字手帖

馬手に盃 弓手に肴

1065 玉子と赤茄子

先日の夜、ふとその気になつて、某所の呑み屋街に足を延ばした。延ばすと云つても、陋屋から一驛だから、わざわざといふ距離ではない。 久し振りである。 新しい看板が幾つも並んでゐた。それだけ潰れたお店があつたことを示してゐて、何とも複雑な気分にな…

1064 捻ねもの気取り

ニコンと云へば、Fマウントである。 Fマウントと云へば、"不変"である。 令和六年の今、正しくは"であつた"と、過去形にしなくてはならないけれど。 カメラ好きの一部に、製造が(事實上)終つてから、そのカメラ(乃至マウント)にそそられる変態がゐて、念の為…

1063 GRⅢ、収め方に就て

GRⅢを持ち歩いてゐる。 f64のポーチ(といふのか)に入れ、カラビナフックでぶら下げてゐる。キャップとリスト・ストラップを附け、余裕のある収まり具合なので、その点に文句は無い。そのGRⅢ入りポーチを、何のどこにぶら下げるか。これが目下の問題…訂正、課…

1062 發見

お摘みに迷ふ夜には 串焼きの盛合せをば 何とかなるものです

1061 どうぞ、こちらへ

池波正太郎の随筆を讀むと、寿司屋で呑む話が出てくる。初めての店だと、隅のテイブルに着いて 「並を一人前、それからお酒を一本、ください」 などと註文する。何度か通へば大将がきつと 「旦那、どうぞこちらへ」 カウンタへ招いてくれるさうで、何と云ふか、…

1060 現代離れ

何回か前、コシナ・フォクトレンダー銘のベッサTを話題にした。今回はベッサLを話の種にする。 ライカねぢマウント。 ファインダは無し。 測距の機構も無し。 但し露光計は内藏。 筐体はプラスチック。 要するに現代風(といつても、ベッサLが發賣されたのは…

1059 歯触り

お馴染みになつた(と自分では思つてゐる)呑み屋で、ホッピー(黑)のお供にと、久し振りに蛸の唐揚げを註文した。鶏の唐揚げも浮んだけれど、お晝がチキンカツだつたから、ここは蛸に任すのが、流れだらうと思つたのである。 この手帖で以前、蛸の味に就て触れ…

1058 リスタート

手元にはGRⅢとGRデジタルⅡ、それから三台のマイクロフォーサーズ機に四本のレンズがある。銀塩機(KマウントやEFマウント)を足すともつと増え、ひとりで持つには随分な数である。それで偶に、そのカメラ群が残らず無くなり、一から揃へるなら、何にするか知ら…

1057 好きな唄の話~カプセル

念の為に確めたら、平成四年のメジャー・デヴュー、且つ最初のシングルと知つて驚いた。女性だけで構成されたラテン・ビッグ・バンドの先駆け…といふより、令和の今に到るまで、殆ど唯一の存在ではあるまいか。 捨てられることを悟つた女が、過ぎた日々(長か…

1056 共演競演

長く續くヒーロー番組を観てゐると、前作叉は旧作の主人公が、ゲストで登場する回がある。『仮面ライダー』で一文字隼人の二號が主役になつた後の、本郷猛一號の再登場が嚆矢と記憶してゐる。それから『帰ってきたウルトラマン』のベムスター回で、ウルトラ…

1055 気取るのも甚だしい

何の本で目にしたか、日本の料理の供し方は、西洋料理と較べて、器の撰び方が特徴的とあつた。うろ覚えで書くと、西洋人はお皿に珈琲のカップ、ナイフやホークに到るまで、統一的に用意する一方、日本だと複数の焼きもの、漆器を用ゐるさうで、妥当かどうか…

1054 怪しいなあ

何の記事で目にしたのか、あやふやな記憶で云ふのだけれど、巷では"オールド・コンデジがブーム"なのださうな。冩りすぎる現代のカメラに較べ、不完全な感じになるのが人気なのだといふ。怪しい。旧式のコンパクト・デジタルカメラなんて、使へるメディアが…

1053 これはこれで

東都で啜る麺と云へば矢張り蕎麦なんだが、近畿人であるところの私であるから、時に饂飩が恋しくなる。青葱をたつぷり散らし、温泉卵と揚げ玉に、とろろ昆布のひと刷毛があれば幸せといふものだ。他に油揚げがいいのは勿論、海老の天麩羅もよく、甘辛く炊い…

1052 不意の天玉

某日、夜。不意に某所の天玉蕎麦を思ひだした。さうしたら、舌と胃袋がその気分になつた。この手の食慾は、まつたくたちが惡い。 翌日、晝。天玉蕎麦が、頭のどこかに残つてゐた。これは足を運ばざあなるまい。空模様も丁度よろしく、ふらりと歩くことにした…

1051 二世紀半後の贅沢

本棚に"コシナ社がフォクトレンダーの銘を甦らせた頃"、出版されたムックが埋もれてゐた。長く見ない知人の顔を見た気分になつて頁を捲ると、最初のフォクトレンダー社の創業が(光學機器と精密機械の製造所だつたらしい)が、千七百五十六年と書いてあつたか…

1050 黑喰ひ

この稿では"シホコブ"と訓んでもらひたい。 ざつと調べた範囲で云ふと、明治の初期に原型が出來たらしい。内國勧業博覧會に出品したさうだから、注目に値する技術と考へられたのか。昆布を煮詰める技術じたい、もつと以前に確立されてゐたことを思へば、明治…

1049 視点

随分と以前、どこの公園だつたかで、盆栽の展示を見たことがある。手間暇の掛かる趣味らしい。出來の良し惡しはさて措いても、丹念に育てただらう松の枝振りに感心した。同行の友人は、人工的に過ぎるねえと、審美的な視点で批判して、正しい一面を衝いてゐ…

1048 方向ちがひ

スマートフォン…au版のAQUOS SHV45を相も変らず使つて、呑み喰ひを記録してゐる。ごく一部はこの手帖や、インスタグラムにアップロードをしてもゐる。我が数少い讀者諸嬢諸氏の何人かは、見たことがあるかも知れない。 大体の場合、そのままは使はない。程度…

1047 曖昧映画館~昭和残侠伝

記憶に残る映画を記憶のまま、曖昧に書く。 東映のやくざ映画には 堅気を大切にする侠客が、 惡辣因業な輩の卑劣な嫌がらせに我慢を重ね、 最後には堪忍袋の緒が切れる。 といふ定型がある。積つた鬱憤を晴らす一点で、勧善懲惡の水戸黄門や遠山の金さんと同…

1046 明日の葉つぱ

最初に焼酎ハイを註文した。そしたら、けふは鯵一尾を丸ごと、天麩羅にしたのがありますと云はれた。摘まない手はない。すりやあ、いただきませうさ。別席で麦酒を呑んでゐた、派手やかな顔立ちのお姐さんが 「すごい美味しかつたです」 と教へてくれた。食べ…

1045 噂と期待

近年どうも慾しいカメラやレンズが無くなつてきた。手持ちのGRⅢがあれば、大体は何とかなりさうで、枯れてきたと笑はれても、止む事を得ない。併し例外がひとつあつて、令和六年夏の發賣を目指してゐるらしい、ペンタックスのフヰルムカメラがそれに当り…ま…

1044 本の話~二冊目のカルテ

『カメラバカにつける薬2』 飯田ともき/インプレス 二年前の[本の話]で取りあげた漫画の第二巻…正確には二冊目のカルテである。 續篇ではない。どうも作者は二巻が出ると思つてゐなかつた(第一巻に"1"が入つてゐないのは、さういふ理由)らしいけれど、私は二…

1043 なんばん

陋屋の近所に定食屋があつて、"チキン南蛮"と大書した看板を出してゐる。我が賢明なる讀者諸嬢諸氏には御存知のとほり、南蛮は元々 「自國を貴く…中原の華とし、周辺の民族を蔑んだ」 呼び方だつた。他に東夷、北狄、西戎があり、南蛮も含め、どれもまあ、酷い…

1042 訓戒

呑みすぎは、いけません。 何の本だつたか忘れたけれど、某政治家が同じ道に入つた伜に垂れた訓戒を讀んだことがある。覚えてゐるのは 「幾つかのパーティに招ばれたら、最初の會場で前菜、次にメインディッシュ、最後にデザートの順で食べ、満腹になるまで、…

1041 眞つ当でない

ペンタックス銘のレンズ交換式カメラは、K-01とQ系を除くと、すべて一眼レフである。但し前者は一眼レフからミラーボックスを外しただけといふ、強烈に変態な(褒め言葉)仕様であつて、あの會社は何を考へてゐたのだらう。 「だつてKバヨネット・マウントこそ…

1040 相対的

腹身の字を宛てると思つてゐた。 念の為に確めると横隔膜だつた。 間違つてゐた。 牛一頭から取れる量は少いらしい。どの程度の少さかは知らないけれど、私が好んで食べられるのだから、稀少とは呼べまい。肉牛の巨体を思ふに、他の部分に較べたら、相対的に…

1039 それはさうと

それはさうとして私は、スマートフォンでGoogleのカレンダー機能を使つてゐる。併せてColorNoteといふメモ用のアプリケイションも。簡単な予定の管理と、ちよつとした記録程度なら、これらで大体は事が足りる。 中々に宜しい。 便利が褒めすぎなら、不便が少…

1038 表と裏

令和六年の手帖は、高橋書店のフェルテである。月曜日始まりの両面一週間。例年通り、呑み喰ひの記録と、游びの予定を記してゐる。また別枠で一ヶ月単位の予定表が用意されてゐて、そつちには仕事に関聯することを書いてゐる。 「個人と會社は分けなくちやあ…

1037 気に入りで、呑む

GRⅢを私が常用してゐるのは、我が数少い讀者諸嬢諸氏に、御承知のことと思ふ。云ふまでもなく、小振りでかるく、素早く動いてよく冩る。切り替へなしで、寄つて撮れれば、なほいいと思へて…この場で云ふことではなかつた。 もうひとつ、このカメラは酒席に似…

1036 今度はきつと

不注意でカメラを壊した経験が、一度だけある。タキシに乗つた時、膝に置いてゐて、降りる際に滑り落した。間の惡いことに、落ちたのが水溜りだつた。慌てて拾い上げたけれど、残念な結果になつて仕舞つた。今でも覚えてゐる。それはニコンFEで、ニッコール…