閑文字手帖

馬手に盃 弓手に肴

611 吝かではない納豆

愛好者がゐるのは知つてゐるし、それを止める積りも非難する積りも無いのだけれど、どうしたつて食べられない…食べたくないのが納豆で、齢を経て好ききらひが少くなつた今に残る数少い例外と云つていい。 「食べず嫌ひはいけません」 と咜られさうだが、二回か…

610 好きな唄の話~まほろば

眞秀場といふ字を宛てるらしい。 "本当に素晴らしい土地"くらゐの意で、現代では奈良…平城辺りを指す。倭建命が、やまとはくにのまほろば、と詠んだのは我が親愛なる讀者諸嬢諸氏にもご存知のとほり。 その奈良まほろばを背景に、さだまさしは愛慾を唄つた。…

609 オトゥールと八百屋

伊丹十三の本で讀んだ話を(原物が見当らないから)、記憶で書く。かれの知人…確かアイリッシュの俳優。ピーター・オトゥールだつた気もするが自信はない…の祖父は、パーティに行つた時、議論を秘かに樂んでゐたといふ。議論と秘かは結びつかない気もするけれ…

608 あのバーの思ひ出

某所にバーがある。おそろしく判りにくい場所にあつて、初めて訪れた時は、どこをどう歩いたものか、自分でもはつきりしなかつた。そのバーはハイボールを得意にしてゐて、我が親愛なる讀者諸嬢諸氏よ、笑つてはならない。ヰスキィとソーダと氷を上手にブレ…

607 荒天を肴に

尊敬する吉田健一の文章でも特に「羽越瓶子行」が好きで(中広文庫の『汽車旅の酒』に収められてゐる)そこに 朝飯の途中で雨が降り出した(中略)この時の雨のように旅情を覚えさせてくれたものはなかった。もう誰も、本間美術館を見に行きましょうなどと言うも…

606 令和のリスナー

手元にICF-8といふソニー製のラヂオがある。テレ・ヴィジョンを持たない…某放送局に配慮して云へば、常用のスマートフォンにもその機能は搭載されてゐない…わたしにとつて、ラヂオを欠かすわけにはゆかない。 尤も普段はサイマル・ラヂオ…"らじるらじる"と"r…

605 日記に就て

最近また『断腸亭日乗』(岩波文庫の磯田光一による摘録版)を讀んでゐる。昭和最初の廿年、巷間の出來事と、断腸亭主人即ち永井荷風個人の行動や思惑の対比を(無責任に)面白がれる。いやわざわざ対比させるまでもなく、偏窟狷介な老人(とは云へ昭和への改元当…

604 カップ酒に就て

カップ酒と云へば、我が親愛なる讀者諸嬢諸氏の大半は、うんざりした顔つきをするのではないか。ああ、あの安いのが取柄で、旨くも何ともないやつでせう。話題に上げると、詰りその程度なのねと、手厳しく云はれさうでもある。その印象の多くは、ワンカップ…

603 文庫に就て

和語の"フミ ノ クラ"に漢字を宛てたのが"文庫"だから、本來の意味は書庫とか本棚、規模の大きさで云へば図書館に近い。この場合の"フミ"は分野に関らず、文書全般を指すと見ていい。さう考へると、"文庫本"といふ呼び方は、何かをかしい。"フミ ノ クラ"に…

602 玉葱に就て

栽培される野菜として、記録に残る最古の部類に入るのが玉葱である。メソポタミヤの粘土板に"決定版 玉葱レシピ"が記されてゐるさうだ。もう千年ほど遡つて、ファラオがピラミッドを建てさせる時、労働者に配給したといふ記録もあるらしいから、あの辺では馴…

601 壜麦酒に就て

呑み屋のメニュに壜麦酒があると嬉しくなる。多くはアサヒのスーパー・ドライ。時々サッポロの黑ラベルやキリン・ラガー。稀にサッポロ・ラガーこと赤ラベル。サントリーのモルツ系統は殆ど見ない。ヱビスの黑(小壜)を置いてあるお店は一軒だけ知つてゐる。…

600 気樂の代り

GRデジタルⅡが手元にある。 勿論、使つてゐる。 毎日必ず、ではないけれども。 手首を通す式のストラップを附けて、ケイスに入れて、そのケイスにカラビナを附け、鞄やズボンにぶら下げてゐる。便利で宜しい。 この"便利で宜しい"のが、實は見逃してはならな…

599 ピーマンに詰める

中南米を原産とした唐辛子の一族に分類される。唐辛子自体も同じ地域が原産地で、日本には明治期、北米で改良された品種が入つてきたさうである。ピーマンの話。但しその呼び方はフランス語かポルトガル語由來らしい。日本語では西洋唐辛子だの、甘唐辛子だ…

598 充填豆腐閣下

我が親愛なる讀者諸嬢諸氏には、わたしが莫迦ツ舌の持ち主であるのは、既にご承知の事實かと思ふ。念を押すと謙遜ではない。充填豆腐を旨いうまいと云ふくらゐだもの。 全國豆腐連合会といふ権威ありげなウェブ・サイトの記載を頼りに、充填豆腐の製法を説明…

597 地麦酒カメラ

スマートフォン(のカメラ機能)がコンパクト・デジタル・カメラを駆逐して随分と経つ。ほんの少しの機種が、細々と残つてはゐるが、事實上、絶滅したと云つていい。と書いたらきつと、リコーのGRやソニーのRXがあるぢやあないかと反論が出るだらうが、あの辺…

596 謎めく蒟蒻

嫌ひではないのだが、旨いのかどうか、判りかねる食べものといへば、わたしにとつては蒟蒻である。もつ煮や筑前煮きに入つてゐないと、何となく寂しいのは事實だが、無くて困るかと訊かれたら、さうでもない。我ながらいい加減と思ふが、ここでは我が親愛な…

595 タグチとウエダとウルトラと

期間の限られた公開かも知れない。何とかチューブに、田口清隆が本気で撮るウルトラソフビ特撮だつたか、そんな題名の動画がある。内容は文字通り。田口が三人の子供と一緒に、家で特撮を撮らうといふ企画で、これが中々…いやかなり、面白い。大眞面目で本気…

594 綻ビ咲キ舞ツテ散ル

例によつて曖昧な話から。櫻の語源である。 A.サ+クラ B.サク+ラ に大別される。 A.の"サ"は植物…稲を指すらしい。稲の字には早稲でも判る通り、サ行の音がある。"クラ"は高御座(タカ ミ クラと訓む)の座。神聖なものが宿る場所くらゐの意味か。組合せには納…

593 こだま號に食堂車を

食堂車に乗つたことがない。寝台車はないが、夜行列車はある。かう書くのは少々をかしい。食堂車は意図して乗るのではなく、聯結された車輌に足を運ぶ性質だからで、さう考へると、食堂車を利用したことがないとするのが正しい。 少年の頃、毎年の夏休みに若…

592 たこつながり

ソーセイジの片側に切れ込みを入れて炒めると、皮と肉の収縮が異なつてゐるから、切れ込みを入れた箇所が反り返つて開く。"タコさんウインナー"の名前で知られる飾り切りの一種で考案は尚道子。切つ掛けは判然としないが、家族を喜ばす為だつたらしい。この"…

591 汁をつまむ

呑む時には一緒につまみがないと落ち着かない。但し何でもいいとは限らない。呑むと醉ふ。醉ふと手元が覚束なくなる。耻づかしながらわたしは、素面でもお箸の使ひ方がたいへん下手で、よほど気をつけないと、鉛筆を持つ風になる。醉ひがまはつて、気をつけ…

590 複雑でも煩雑でもない分

初めて食べたのは旧コザ…沖縄市に(残念ながら仕事の関係で)短期間ゐた時だから、平成十八年の終り頃と思ふ。あちらで最初に驚いたのは、お弁当や量の多さだつた。車で賣りに來たのを買ふと、ごはんをぎつしり詰め、おかずもたつぷりで、烏龍茶まで附けてくれ…

589 損得ではない

初めて呑んだのは旧コザ…この地名には複雑な色合ひが含まれてゐる…、沖縄市に(残念ながら仕事の関係で)短期間ゐた時だから、平成十八年の終り頃と思ふ。現地の可愛らしい女の子に連れて行つてもらつた呑み屋で教はつたのである。たいへんうまくて驚いた。泡…

588 學問への手助け

考へてみたら、おにぎりを肴にお酒を呑んだことが無い。どちらもお米なのだから、相性はよい筈なのに。(干し)葡萄をつまみながら、葡萄酒を呑むのは中々いいのに。池波正太郎的な厭みに目を瞑れば、早鮓で呑む方法はある。早鮓でひとつ思ひ出した。父親が現…

587 回游魚

梯子酒本來の意味合ひは、梯子を一段づつ登るやうに、お馴染みの店を呑み歩くこと、だといふ。高いところに登つたら、危ないからだらうな。詰り手当り次第に呑み歩くことではない。我が親愛なる讀者諸嬢諸氏はご存知でしたか。わたしは知らなかつた。そこで…

586 曖昧な路地裏

ラーメンか。 牛たんか。 和洋酒菜か。 順を追つていかう。

585 擬音

ふらりと入つて ちよいと呑んで ひよこつと出る

584 無念の賣りきれ

商賣繁盛。 残念至極。

583 肴を並べて呑みたい

尊敬する吉田健一は生涯を呑み續けたひとで、その晩年は酒席でお箸を持つのが稀だつたといふ。どうぞ先生召し上つてくださいと云はれても、いえ大丈夫見れば美味いのは解りますと応じたさうで、この逸話を知つた時、呑み助の覚りだなあと、手を拍ちたくなつ…

582 ヒヤかレイを呑みたい

冷や酒(ヒヤザケ)と冷酒(レイシユ)が異なると知つたのはお酒に随分と馴染んでからであつた。念の為に云ふとヒヤザケはお燗をしてゐない云はば常温を指し、レイシユは水乃至氷乃至冷藏した冷たいのを意味する。ややこしい。 では常温なのに何故ヒヤザケかと云…